tomoshikiは、岸本賢一と安田のりこが二人の地元、奈良で
服づくりを中心に活動するユニットです。

tomoshiki、この名前にはこんな思いを込めました。
tomo ni yukashiki 、『共にゆかしき』
ゆかし(き)とは、しみじみと心惹かれる大切なモノやコトに
触れたいと思うこと…
みなさんと共にそんなことを分かち合っていきたい。そんな風に思っています。

tomoshikiは、ものづくりを通して、
自然とのふれあいを通して、もちろん、人を通して。
ひと、もの、こころ、
それぞれのバランスを大切にしながら、
歩んで行きたいと思います。


 

tomoshikiの服づくり

   『自然との調和をもとに、自らのワードローブに継ぎ足すように作る日常着』をコンセプトに、
   流行に左右されず、自分が今着たいと思う服、長く愛用したいと思える服、
   華やかさはないかもしれないけれど、しみじみと良さを感じられる服。

そんな服づくりをしています。
   だからこそシーズンのテーマを作らず、
   その時、その時、必要なものを継ぎ足すように作り続けています。

素材は、天然素材、天然色をベースに、
   染色の際は、天然染料と化学染料を使い分けて使用しています。

 


tomoshikiのショップ

土・日・月の週3日のみオープンするtomoshikiのお店。

オリジナルの商品と共に、

モノの背景を大切にすること、手の仕事を大切にすること、

そして、自分たち自身が心惹かれることを基本に、

国内外問わず、共感できるモノをご紹介しています。
 


tomoshikiのその他の活動
   大人の目線で、あらためて身近な自然を愉しみながら学ぶイベントを不定期に開催。

春の『森のトリドリミドリ』

秋の『どんぐりを学ぶ』

不定期に『鳥見の会』etc… 

 

プロフィール
   岸本 賢一  Kenichi Kishimoto(1976年生まれ)
   安田 のりこ Noriko Yasuda(1975年生まれ)

   1998.03 共に ESMOD JAPON 大阪校 卒業
   1998~2003 卒業後、それぞれ神戸のアパレル企業にて数年の経験を経て独立を目指す。
   2003.02   NATIVE WORKS.を立ち上げる。(神戸にて活動開始)
   2003.06   活動拠点を2人の地元でもある奈良に移す。
   2003.11  2004S/S大阪コレクション新人ジョイントに参加。
   2005.10 奈良市内(きたまち)にNATIVE WORKS SHOP.をオープン。
   2007.11 奈良県立図書情報館(同主催)にてファッションショー「tribute to 光明」開催。
   2013.11   奈良市内のSHOPを閉店。展示会ベースで活動。
   2015.04   ブランド名をTOMOSHIKIに改名。不定期で、展示会やイベントを開催。
   2017.05 奈良市内(高畑)にTOMOSHIKI SHOPをオープン。